So-net無料ブログ作成
検索選択
ソフトテニス 前衛 ブログトップ

ソフトテニス 前衛 [ソフトテニス 前衛]

 私は中学・高校とずっと後衛でしたが、練習の時は顧問の鬼コーチに前衛も1日1時間はやらされてました。鬼コーチいわく「前衛を経験することが後衛を活かす」と言い続けられ・・・。当時は疑問符でしたが、鬼コーチの言っていたことは結果的に間違いではなかったと思う。ポジショニングによる動向及びフェイントが読めるようになったからだ。

 とりあえず、前衛というポジションは花形でなければならない。後衛が花形となっているチームほど強くないものである。私もそのことは理解し、ペアの前衛を花形にする事が後衛の役目であると教えられ、徹して実行していくうちに我々のペアは見違えるほど強くなっていった。

 後衛も言える事だが、特に前衛は基本が大事。

私が前衛練習で教えられた点

グリップの真ん中を持ち⇒前のめり⇒ボールの当たる瞬間のみ力を入れる⇒相手の前衛に向かって打つ


borey.jpg

  あとは、ポジショニングやフェイントや攻めの動きであるが、これは実践の積み重ねからくる経験でしか説明しずらい。理由は、相手の前衛のポジショニングやスキル、相手の後衛のポジショニングやスキル、そして相手のペアとしての動き、自分のペアの後衛とのコンビネーションを考えると何百通りのパターンが存在しうるからである。

いずれにせよ、それがソフトテニスの面白さの醍醐味であると私は思います。


ソフトテニス 前衛 ブログトップ